FEATURE 特集

特集メインイメージ

2015.07.12

【第3話】 農業を楽しむ、これからの未来

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「私たちは農薬や化学肥料に頼らないで作物を育てています。それは“安全で美味しい野菜をつくる”“自然環境への負荷を少なくする”、また“作る者自身が気持ちよく働きたい”という思いがあるからです。虫や病気に負けない健康な野菜を育てるためには、良質の堆肥を使って豊かな土を作ることが重要だと考えます。“土つくり”は10年、20年かかると言われています。この忙しい世の中において何とも気の長い作業です。根気よく、手を抜かないでやり続けないといけません。

16_MP1_9150 17_MP1_9143

10年、20年とは・・・何とも気の遠くなるような年月で驚きました。

「私たちは野菜を育て、お客さんに買ってもらうことで生計を立てています。しかし、経済行為としてだけで農業を考えると、どこか殺伐として面白くありません。私たちは、お客さんと顔の見えるやりとりを心掛けています。直接やりとりをすることがなくても、栽培記録などはオープンにし、農園の様子、畑の様子を便りやインターネットを通じて発信していこうと考えています。何より私たち自身が、農業を、農的暮らしを楽しみながら、お客さんや地域の方々とも一緒になって元気になれるような農園にしていきたいと思います。

18_MP1_9189

「この伊那谷でも以前に比べて耕作放棄地が増えているように感じます。この地域で、自然環境に配慮した農業、消費者の方々の健康に配慮した農業が根付いていき、荒れた田畑が再び活気づいていけば良いとと思います。また、この地が都会で生活する方たちの憩いの場、世知辛い世間から一時解放されるような場にしていけたらとも考えています。

19_MP1_8984 20_MP1_8999 21_MP1_9016 22_MP1_9010改

そして最後に、「夢は大きく、活動は地道に。あきらめないでやり続けます。」と締めくくってくれました。

誰が食べるのかも分からないにも関わらず、雨の日も風の日も、夏の暑い日も、大島さんのような農園の方が、野菜つくりに手間ヒマと愛情をかけて野菜作りに取り組んでもらえるお陰で、安全で美味しい野菜が食べられる、そう実感すると、毎日の食卓での時間も少し違ったものに感じられるのではないでしょうか?

1話 長野県伊那郡中川村とは?

2話 四季に合わせ年間2030品目の野菜を栽培

3話 農業を楽しむ、これからの未来

INDEX

『deja-vu』プロデュースのグリーン(観葉植物)を取り入れて、ライフスタイルを豊かに♪

グリーン(観葉植物)を取り入れたライフスタイルがますます注目されていますよね。KITCHEN HEROでも、店舗の中にコーナーを作り、様々なグリーンを販売させてもらっていますが、こちらのセレクト&コーディネートをしてもら […]

知る人ぞ知るうどんの名店『千』。本物にこだわったうどんを自宅で…。

一度食べたら病みつき、知る人ぞ知る名古屋を代表するうどんの名店『千』。そんなこだわりの手打ちうどんの味が、なんとご自宅で食べられます。コンセプトに共感してもらい、『KITCHEN HERO』でも取り扱わせてもらっています […]

じんまるグループ『銑』×『KITCHEN HERO』。野菜が主役の“野菜のフルコース”

  私たちKITCHEN HEROが産地から仕入れた旬の美味しい野菜は、いつも感度の高いお客さまに喜んでいただいてもらっていますが、食のプロでもある飲食店さまからも高い評価をいただいています。 今回は、『銑zu […]

生産者に会いにいく vol.1 【長野県・中川村】大島農園 大島太郎さん

KITCHEN HEROでは、美味しくて安全なこだわり野菜をご提供させてもらい、お客様からも高い評価をいただいていますが、野菜のことや農業のことをもっと知ってもらいたいという思いがあります。こちらの特集『生産者に会いにい […]

もっと見る→

もっと見る